母体がマルチ化

パソコンがパーツの集合体であることは、すでにお話しました。
部分が全体を形成するとは言いますが、まさにパソコンがそういうものでしょう。
しかし、システム的な観点からすれば、パーツが連動する土台が必要です。
それがあるからこそ、パソコンがパソコンになるとも言えます。
そういう土台となっているのが、マザーボードになります。
たとえば、CPUも接続口があります。
一時期、スロット方式が誕生しましたが、今では接着剤などを使って接続する方式が、主流であるようです。
また、メインメモリの接続口もあります。
近年では、GBクラスが当然であり、規格もずいぶんと変わりました。
種々のパーツと同様、キャッシュが重要であり、キャッシュがあるからこそ、高速化と大容量化がなされるようです。
つまり、一時的な受取手の場があり、それが物理的な空間であれば、より高度な計算などが可能であるということです。
さらに、ハードディスクも、接続口が設けられています。
かつてのシリアル接続よりも、高速化されたものが、すでにデフォルトで搭載されています。
あるいは、LANも、マザーボードに設けられている時代です。
以前のように、カードを使わなくても、マザーボードさえあれば、任意のパーツを接続することができます。
これは、ビデオカードやサウンドカードにおいても、同様となっています。
このように、最近では、マザーボードがマルチ化の傾向にあります。
そうであるからこそ、簡単に自作が可能な時代にもなっているのでしょう。

システム・セキュリティを今から知ろう